読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天球蜂蜜

真面目にふざける。これぞ人生。閉じてる口の中で叫んでいることをここで開放するブログ。

イチゲルゲショック

イチゲルゲ、好きですか?

そのフォルム、その存在、すべてがミステリアス。

一度見たらもう目が離せない。

仕事や勉強に手が付かず、気が付けばイチゲルゲのことを考えてしまう。

頭の中はイチゲルゲで一杯。

おもむろに手を伸ばしたその先には一台のスマートフォン

指が滑らかに素早く動き、求めてやまない相手の名を触れる。

そう、まるで愛する者の肌をなぞるように。

 

イ チ ゲ ル ゲ

 

皆さん、イチゲルゲが、好きですか?

 

 

 

『イチゲルゲショック』

 

 

 約一週間前に、僕はこのブログを開設した。

 自分の思ったことをただただ叫びたいという純粋な欲望と、ブログで小遣い稼ぎができると噂される都市伝説にちょっとだけ挑戦したいというよこしまな願望、その二つを抱いて。

 開設した日の閲覧数は10に満たなかった。

 ちょっとがっかり、でも少人数だけれど見てくれたのか、という喜びがあった。

 翌日、なんと30を超えた。驚いた。3倍以上の人が見てくれた。

 その翌日。20とちょっと。がっかりした。

 そのまた翌日、20以下。がっかりした。

 始めたばかりだし、仕方がない。そう言い聞かせるけど悲しさは消えない。

 そうして自分に、こう慰めの声をかけた。

 

 お前がpixivで公開してるオリジナル小説なんて、1日1人閲覧してくれればいい方じゃないか。

 

 だよね。

 

 10人の人に読んでもらえてることが、どれだけ幸せなことか、忘れていたよ。

 30人という大勢の人が見てくれたことに少々のぼせていたんだ。

 ごめんよ、俺。

 分かればいいんだ、さあ、とっとと今日の叫びをぶちまけようぜ☆

 うん! 僕頑張るよ。

 そんなことを思ったり思わなかったり思わなかったり思わなかったりした。

 

 そして運命の5日目。

 閲覧数が200を超えた。

 

 ナニゴト!!!!?

 

 そして6日目。

 閲覧数が500を超えた。

 

 

 ナニゴト!!!!!!!!?????

 

 

 そして6日目。

 やっぱり500を超える。

 

 

 何が起こっているんだい!!!!?

 

 

 pixivで現在進行形で悲しい気分を味あわされている僕は、閲覧数に対してかなりの執着がある。

 閲覧数が200を超えた日は驚いたけれど、自分なりに納得はしていた。

 そっか、昨日は第一松の発売日だし、感想とかみんな検索するもんね。

 タイミングよかったんだなぁ~。

 という感じだ。

 そうして、自分なりに冷静になって改めて細かな感想を書いてみた。まだ語りつくせなかったことがたくさんあったから。

 実は今現在でも語りかくてたまらないこまごました部分がたくさんある。でもそれを書いていたらブログがものすごい長文になってしまう。ブログの最低文字数は600文字くらい。あんまり長文は好まれない。ブログ初心者へ向けたブログのコツブログにはそんなことが書いてあった。

 むしろ僕は600文字程度でおさめるコツを知りたい。

 だから泣く泣く、2000文字~3000文字くらいでおさめて、読みやすいように行間をあけて構成している。

 それでも長すぎるから、昨日PCをポチポチいじって、PC版でも1ページに1記事設定にした。初心者ブログのコツブログには、ブログトップには1週間分7記事がベストとあったけれど、

 

 そんなに載せたら永遠にページの下にたどり着けない。

 

 ともかく、僕は、閲覧数200を超えた喜びにホクホクしながら、二番煎じともいえる2度目の感想を書いた。

 そうしたら、なぜか閲覧数500を超えたのだ。

 僕は考えた。

 そうか、なにも発売日初日に全員が全員買ったわけでもないし、もしくは僕みたいに、自分の衝動を発散するのが最優先で、冷静になってほかの人の作品や感想を探すのは発散させた後って場合もあるよね。

 と、それはそれで納得はした。

 ところで、僕ははてなブログアクセス解析しか使っていないのだけれど、それにも検索されたワードなどを調べられる機能がついていた。

 それに気が付いたのは、最初はGoogleしか表示されていなかった謎の場所にYahoo!だとかdocomoだとかが表示されたのを発見したからだ。なんだろう、とカチカチクリックしまくったら、それだった。

 皆ネタバレとかで検索してるのかな?

 とそこを見れば、『おそ松さん 16話』とか『公式 やらかした』という検索結果が出てくる。

 そこにポツネンと『イチゲルゲ』と出ていた。

 それを見た俺は、あ~確かにあれは検索したくなるなる(笑)、という程度だった。

 それよりも『童貞 ヒーロー』だとか『松汁』だとかの検索のほうに気がとられていた。まさか『イチゲルゲ』がとんだ大怪獣だとは知らずに。

 その日の夜も僕は閲覧500越えのホクホク感をかみしめ、そして明日は休みだぜ! という幸福感に満たされてブログを書き、悲しい思いをすることが目に見えているオリジナル小説を書き進めてから寝た。

 そして夕方、目が覚める。

 閲覧数が気になって仕方がない僕は、さっそくブログのアクセス解析を見てみた。

 

 まったく理解が及ばない事態になっていた。

 またしてもその時点で閲覧が200を超えているのだ。

 何が起こった。

 時間ごとのアクセス数を見てみれば、昨日よりも2倍近いアクセスを稼いでいる。

 なぜだ???

 なんなんだ????

 ちょっとした恐怖に襲われた。なんだろう、閲覧者にとって釣りみたいなキーワードをブログ中に入れてしまったのだろうか? そんな恐怖だ。初心者にありがちななんかの失敗をしてしまったのだろうか?

 いやまて。

 なんだ。

 この、閲覧キーワードの『イチゲルゲ』80%ってのは。

 『イチゲルゲ』『リア獣イチゲルゲ』『イチゲルゲ 元ネタ』

 で95%の閲覧数を稼いでるような気がするぞ!!!!

 

 イチゲルゲ……なに、なんなの? なんなの?

 

 巷ではイチゲルゲ、そんな人気なの?

 

 僕よくわかんない(´;ω;`)

 なにこれコワイ(´;ω;`)

 

 そして自分のブログの閲覧数をあれこれ見ているうちに、とうとう1時間で閲覧数100を超えるという事態に。 

 

 ひええええええ!!!

 

 と慄いている間に洗濯機が洗濯を完了した音がし、それを片付けてシャワーを浴びたりしていて、パソコンから目を離してしまった。

 そして再びパソコンの前に戻るとWindows10が勝手にアップグレードを始めていて使えなくなった。

 こら。

 Windows

 しかたなしにスマホで確認すると、その間にもすでに閲覧が60以上になっている。

 こわいこわいこわいこわい。

 なに、イチゲルゲってそんなに流行ってんの?

 どうなの?

 友達に聞いてみるかな。イチゲルゲって今人気なの? って。

 いやまてよ、友は『おそ松くんは面白いけど腐さらせる気はないなぁ』とか言っていたから、円盤はきっと買ってないな。(偏見)

 と思いとどまり、ついに自分でもイチゲルゲを検索してみた。

 

 

 おっぶううううううううううううううううううううううう!!!!!!!!!!!!

 

 

 イチゲルゲで検索すると、Googleのトップに、このブログの記事がきてるうううううううUUううううううううUUUUUUU!!!!!!!!!

 

 

 おげえええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!

 

 

 ひえええええええええええええええええええええええええええええ!!!!!!!

 

 助けてええええええええええ!!!!!

 

 

 ど、ど、どうしよう!!!

 なに書いた?

 なんかヤバいこと書いた?

 なんで?

 なに書いたっけ!!!!?

 そうだ、童貞ゴッドとイチゲルゲの元ネタを書いた。

 あれか!!!

 みんなイチゲルゲの元ネタ探してたの?

 ゲルゲ 怪獣 で検索すれば出てくるよ?

 ゲルゲ 怪獣 キモイ で検索すれば、超マニアックな怪獣考察サイトに飛んで簡単に元ネタが分かるよ?

 なんでこのブログがトップにくるの?

 ってか、え? まじか。どうしよ、あの元ネタでちゃんとあってるか超不安になってきた。

 いやほんとごめんなさい。

 イチゲルゲの元ネタを本気で探していた皆さんごめんなさい。

 せっかくイチゲルゲを求めて閲覧してくれたのにあんなオチにしちゃってごめんなさい。

 でもあれの元ネタはあれだろうっていう説には何気に自信あったんだ。

 でもでも、イチゲルゲネタは探せば出てくるけど、『童貞ゴッドの元ネタは福山』という説の方を『きっと奇抜だけど一理あるかもな!』って面白がってくれるんじゃないかって思ってそっちを重視していたから、イチゲルゲでこんなに閲覧数が増えるとは思ってもみなかったんだ。

 

 イチゲルゲの人気を全く予見していませんでした。

 『え。なんでグッズ化決まってんの? 変なのー』

 とか思ってましたスミマセン。

 

 イチゲルゲ愛好者の皆さま、イチゲルゲの魅力を過少評価してしまい、本当に申し訳ございませんでした。_(._.)_

 

 (『イチゲルゲでめっちゃ検索されてるオモロー』って楽しんでたりもしました)

 

 

 その後、閲覧が急に半減したときには、イチゲルゲブームも去ったのか、もしくはイチゲルゲ愛好者があらかた通り過ぎた終えたのかなと思い、寂しいやらほっとしたやらでございます。

 けれど夜中にもう一度イチゲルゲでググってみましたら、pixiv百科事典でイチゲルゲの記事が上がり、それが検索トップになったからでした。

 イチゲルゲ愛好者の皆さんはそこで元ネタをゲットできるようになったので、ここまで足を運ぶ方がガクンと減ったのでしょう。

 アクセス数激減時とpixiv百科事典がupした時刻とほぼ同時だったので。

 でもよかった!!!
 pixiv百科をupした人、ありがとう!

 pixiv百科の方がちゃんと詳しく調べてるっ!!。

 僕、名前間違えていたし。見つけたらちょいちょい直しているけれど、間の『・』まで全然気が回らなかったし。

 

 まさかGoogleトップにくる事態になるとは予想してなかった…。

 

 pixiv百科の人、ありがとう。

 

 

 みんな、こんなとこに足を運んでくれてありがとう。

 そしてごめんなさい!!

 最初の方に見た人は、間違った情報を見てしまっているよ。

 バルムじゃないよ、バロムだよ!

 間違った情報を載せてしまい申し訳ありませんでした!!!!

 

 

 

 

 

 

 

  

 (ついでに誰か、今度は『童貞ゴッド』の元ネタもきちんと調べてくれないかな)

 

 あのゴッドのしゃべりだしを聞くと『龍神の巫女よ……』といつ言い出すかとドキドキしてしまうのは僕だけでせうか(お前だけだよ)

 

 

 ともかくも、イチゲルゲショックは足早に過ぎ去り、このブログのアクセス数もだいぶ落ち着きました。

 

 あ~

 怖かった。

 

  ショックが過ぎ去ってからもここに来てくれた方、そしてここまで読んでくれた方、心から感謝いたします。

 ありがとう!!

 

 このブログを通勤・通学の暇つぶし程度でも構わないので、楽しんでくれればいいなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやー、でもあんとき友達に「『イチゲルゲ』って人気なの?」って聞かなくてよかった。あのタイミングで聞いてたら、きっと検索されて、このブログ読まれてたわ。身バレするとこだったわ……。……思い返すとぞっとする。

 

 

※この記事に含まれるイチゲルゲの元ネタは間違っている可能性があります※